【速報】「ファイル多言語化×クラウドストレージ」でつくる、外国人との新しい働き方【GLOBALIZEDレポート】

去る2019年6月19日、「外国人と共に歩む未来のビジネス」をテーマに据えた、外国人戦略の国内最大級カンファレンス「GLOBALIZED2019」が開催されました。主催は日経BP社で、Wovn Technologies 株式会社はパートナーとして運営に関わりました。 拙い運営にご迷惑をおかけした部分もありますが、他方で大きなトラブルなくGLOBALIZED2019を開催できたことは、ひとえに参加者、そして登壇者の皆様のおかげです。またありがたいことに、幾人もの方々からお褒めの言葉も頂戴いたしております。 ご来場されたすべての方に、感謝申し上げます。誠にありがとうございました。   さて本イベントの中でWovn Technologies は、代表取締役社長の林・共同創業者兼取締役のSandfordから新サービス「WOVN Workbox」を発表いたしました。 ▼プレスリリース▼ 外国人との新しい働き方「WOVN Workbox」 世界初、言語シームレスなファイル共有 「WOVN Workbox」は煩雑な翻訳のやりとりを無くし、言語障壁を感じることなくファイル管理を行うことができるサービスです。アップロードされた元言語ファイルから、自動的に多言語のファイルを生成。ファイルを更新すると他言語のファイルにも内容が反映され、メンバーはいつでもどこでも常に最新の情報を「自分の言語で」確認することができます。 「Word文書」「PowerPoint」「Excelブック」「テキストファイル」などをお使いの企業様には必ずお役に立てるサービスだと確信しています。 早速メディア各社に記事化していただきました。振り返りも兼ねてご覧いただければ幸いです。 翻訳ファイルが“魔法のように”自動生成されるクラウドストレージ「WOVN Workbox」発表 TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2019/06/19/wovn-workbox-unveiled/   自動翻訳しながらファイル共有できるWorkbox予約開始 週刊アスキー https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/430/430317/   多言語化サービス提供のWOVN、文書をオンラインストレージに入れるだけで多言語化される「WOVN Workbox」を発表 THE BRIDGE https://thebridge.jp/2019/06/wovn-announces-wovn-workbox   またGLOBALIZED2019の各セッション(一部を除く)は、翌週以降Wovn Technologies のWEBにて、順次振り返り記事を公開する予定となっております。「興味があるセッションの公演時間が重なってしまった」「仕事で行けなかった」「社内で共有したい」といった方は、ぜひともご覧いただければと思います。 なお振り返り記事ではありませんが、GLOBALIZED2019にご登壇いただいた 株式会社セブン銀行 常務執行役員 大口 智文 様と、Wovn Technologies 取締役副社長 上森の対談の様子を弊社のWEBで公開しております。こちらもぜひお楽しみ下さい。 9言語対応のセブン銀行の海外送金アプリ。多言語メンバーからのボトムアップだから使いやすいサービスになる(前編) https://wovn.io/ja/blog/7bk-1/   それでは各セッションのコンテンツが公開されるまで、今しばらくお待ち下さい。 改めまして、GLOBALIZED2019にお越しいただいた皆様方、本当にありがとうございました。 Wovn Technologies 株式会社 (アイキャッチ画像…

外国人との新しい働き方「WOVN Workbox」 世界初、言語シームレスなファイル共有

ウェブサイト・アプリ多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を提供するWovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:林鷹治)は、2019年6月19日に外国人との新しい働き方を提案する「WOVN Workbox」(ウォーブンワークボックス)の予約受付を開始致しました。

9言語対応のセブン銀行の海外送金アプリ。多言語メンバーからのボトムアップだから使いやすいサービスになる(後編)

セブン銀行のATMやアプリを統括している、株式会社セブン銀行 常務執行役員 大口さん。今回は大口さんに、海外送金を軸とした外国人戦略、多言語化対応、そして次なるステップである「多文化共生」についてお話を伺いました。(後編)

9言語対応のセブン銀行の海外送金アプリ。多言語メンバーからのボトムアップだから使いやすいサービスになる(前編)

セブン銀行のATMやアプリを統括している、株式会社セブン銀行 常務執行役員 大口さん。今回は大口さんに、海外送金を軸とした外国人戦略、多言語化対応、そして次なるステップである「多文化共生」についてお話を伺いました。

ウェブサイト・アプリ多言語化のWOVN.io、14億円の資金調達を実施

ウェブサイト・アプリ多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を提供するWovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:林鷹治)は、Eight Roads Ventures Japan・NTTファイナンス株式会社・オプトベンチャーズ等を引受先とする第三者割当増資と、銀行等からの融資を併せ、総額約14億円の資金調達を実施したことをご報告いたします。今回の調達で創業以来の累計調達額は約20億円となりました。