WOVN.io 、三井住友カードの会員向け Web サービス「Vpass」を英語対応~外国人にも日本人にも同じ顧客体験を~


Wovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 鷹治、以下 WOVN )が提供する Web  サイト多言語化ソリューション『WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)』が、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下 三井住友カード)が提供する、会員向け Web サ―ビス「Vpass(ブイパス)」に導入され、2021年3月18日に全翻訳対象ページの英語対応を完了いたしました。

 

■導入の背景
クレジットカード業界のリーディングカンパニーである三井住友カードは、外国人による利用も年々増加しています。カード情報の照会・各種お申し込みを Web 上で行える三井住友カード様の会員様向けサービス「Vpass」では、カードご利用のお客様に有用な情報を日本語のみで発信していました。そのため、外国人のご利用者様のクレジットカードご利用に関して十分に情報をお伝えするために、 Vpass に加えてコールセンターでお問い合わせに対応していました。

近年、外国人会員の増加に伴って、コールセンターへのお問い合わせが増えたため、スピーディーかつ正確にお客様のご要望にお応えする為の十分な体制を構築することが難しくなっていました。

外国人のご利用者様にも、日本人のご利用者様と同じ情報を同じタイミングで伝えするとともに、正しく理解できるように、ご利用のお客様すべてに等しいサービスを提供することが課題となっていました。

そこで、外国人のご利用者様にさらなる利便性の向上を図るとともに、基本的なお問い合わせの削減や、事前に事業内容をご理解いただいたうえでお問い合わせいただくことで、コールセンター業務の効率化を図りました。

WOVN.io を導入して Vpass の英語化対応を三段階に分けて進めてきました。2020年7月1日から VpassID 登録ページの英語化を開始し、11月にはご利用明細の英語化、そしてこのたび2021年3月18日に Vpass 全体*の英語公開が完了いたしました。(* Vポイントなど他サービスサイトは除く)

 

■導入サイトについて( https://www.smbc-card.com/mem/index.jsp
「Vpass」とは三井住友カードの会員専用のWebサービスで、カード情報の照会・各種お申し込みをはじめ、インターネットで楽しめる便利なコンテンツをご利用いただけます。

三段階導入の第三段階目となる今回は、ログイン後 TOP 画面(マイページ)や利用可能額照会、紛失盗難・再発行受付といった、利用頻度の高いお手続きのページを英語対応いたしました。


■今後の展望
WOVN.ioは、在留外国人の日常生活における Qualty of Life 向上を通じてより良い多文化共生社会を実現すべく、金融機関へ本サービスを展開し多言語化を推進してまいります。

 

■WOVN.io について
WOVN.io は、「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Web サイトを最大43言語・76のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューションです。大手企業をはじめ18,000サイト以上へ導入されています。既存の Web サイトに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現します。

企業情報
会社名  : Wovn Technologies株式会社
所在地  : 東京都港区三田4-1-27 FBR 三田ビル8階
代表   : 代表取締役社長 林 鷹治
設立   : 2014年3月
資本金  : 17億5,081万円(資本準備金含む)※2019年12月末時点
事業内容 : Web サイト多言語化ソリューション「WOVN.io」、
       アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」の開発・運営
URL   : https://wovn.io/ja/

本件に対するお問い合わせ
Wovn Technologies株式会社 広報 大森
prtm@wovn.io

翻訳・多言語化の決定版
WOVN.io

多言語化のすべての課題に答える翻訳ソリューション