300万人の「外国人だからダメ」をなくす。日本で暮らす外国人の課題とは【YOLO x WOVN】

外国人への求人メディアを代表に、様々な形で外国人支援をしている株式会社YOLO JAPAN(以下「YOLO JAPAN」)。Wovn Technologies 株式会社も、実に幅広い業種の大企業から相談を受け、お仕事をしています。多方面から外国人に関わっているからこそ、外国人が日本で過ごす上での課題が見えてくるはず。今回はYOLO JAPAN COOの椿氏と、Wovn Technologies株式会社COOの上森が対談。在留外国人が日本で暮らす上での課題と、企業の対策について語りました。

WOVN.ioで多言語化されたSmartHRで年末調整。〜こんなサービス、自国にも欲しかった〜

年末調整。
それは我々日本人にとっても「めんどくさそう」な作業に感じます。
今や、日本で働く外国人労働者数は約146万人。事業所は22万以上に上ります。日本に住んで働いている外国人は日本人同様に税金を収めているため、「年末調整」も例外ではありません。果たして、日本語の読み書きが得意ではない外国人は、あの複雑な年末調整の書類を埋めることができるのでしょうか?

WOVN.ioの使命は、「多言語化からの解放」。投資家エイトローズが説く、人口減少の日本でのチャンス

2019年6月に総額14億円の資金調達を行ったWovn Technologies 株式会社(以下「WOVN.io」)。リードインベスターとして迎えたのは、米国大手投資会社Fidelity(フィデリティ)グループの「Eight Roads Ventures Japan」(以下、エイトローズ)です。
WOVN.ioへの投資を決定されたエイトローズの村田さんに、投資家の立場から見た「WOVN.io」というサービスについてお話を伺いました。

本厄を翻訳してみた。〜9月30日は国際翻訳デー〜

こんにちは。皆さん、今日9月30日は何の日かご存知でしょうか?私達にとっても大切な日、世界翻訳の日でもあります。
今回は、駄洒落にのせて「『本厄を翻訳してみた』って題名で記事書いて!」って無茶に振られたので、「『厄』って何?」という話を翻訳者目線でしていこうと思います。

9言語対応のセブン銀行の海外送金アプリ。多言語メンバーからのボトムアップだから使いやすいサービスになる(後編)

セブン銀行のATMやアプリを統括している、株式会社セブン銀行 常務執行役員 大口さん。今回は大口さんに、海外送金を軸とした外国人戦略、多言語化対応、そして次なるステップである「多文化共生」についてお話を伺いました。(後編)