ワードプレス(WP)おすすめプラグイン3選!


ワードプレス(WP)は「テーマ」と呼ばれるサイトデザインを選択し、ブログ形式で記事や画像を投稿するだけでホームページが作れる人気のシステムです。ワードプレスが支持される理由として、世界中のユーザーがノウハウを公開していること、サイトの運営をより便利にするプラグインを数多く開発していることが挙げられます。今回は、ワードプレスでぜひ取り入れたいおすすめのプラグインを3つ紹介します。

また、インバウンドビジネスサイトを作りたい方におすすめしたいサイトの多言語化サービス「WOVN.io」も取り上げます。

 

ワードプレス(WP)おすすめプラグイン3選!

ワードプレス(WP)を利用するうえで大きなメリットとなるのは、多くのプラグインを利用できることです。プラグインとは、簡単に言えばサイトの運営をより円滑に行うための拡張機能のことです。ワードプレスをロボットプラモデルの本体に例えると、プラグインは本体につけたい武器や防具にあたります。プラグインはワードプレス経由などで簡単にダウンロードをしたり、必要がなくなれば外したりすることも可能です。カスタマイズを自由自在にでき、かつ多くが無償で提供されているので、ワードプレスユーザーなら使わない手はありません。

プラグインは今日も世界中のユーザーらによって開発され、どんどん進化を遂げています。なかでも、最初に利用したいプラグインは「All in One SEO Pack」「Google XML Sitemaps」「Akismet」の3つでしょう。

 

SEO対策なら「All in One SEO Pack」

最初に紹介する「All in One SEO Pack」は、SEO対策をするうえで欠かせないおすすめのプラグインです。SEOとは「検索エンジン最適化」の略称で、Googleなどの検索エンジンで特定のキーワードを上位に表示させるための対策のことを指します。All in One SEO Packは、ホームページのなかで使われているオリジナルタイトルや紹介文を書き換えて、検索結果に表示させる機能があります。つまり、検索されやすいキーワードが盛り込まれたタイトルや紹介文となることで、キーワードに対する検索順位の上昇が期待できるという仕組みです。

しかし、All in One SEO Packは、ダウンロードするだけで検索エンジンの上位に表示されるようになるというものではありません。プラグインをダウンロードしたあとは、一般設定から検索で上位表示させたいキーワードなどを設定する必要があるので注意が必要です(※1)。

 

サイトマップ送信の自動化なら「Google XML Sitemaps」

「Google XML Sitemaps」は、ホームページのサイトマップを自動で送信してくれるプラグインです。サイトマップというと、サイトを訪れた人向けにサイトの構造をわかりやすく表示するページを想像するかもしれませんが、ここでは検索エンジンにサイトの構造を伝えることを意味します。

検索エンジンはクローラーという目に見えないロボットが、世界中のサイトを回遊して見つけることで検索エンジンに表示されるのです。Google XML Sitemapsプラグインを利用すると、検索エンジン向けのサイトマップ(XMLサイトマップ)を自動で生成してくれます。

さらには、記事を新規公開したときや更新したタイミングでXMLサイトマップを書き換えてくれます。XMLサイトマップは初心者が作るにはハードルが高く、かつ記事作成や更新のたびに書き換える手間を考えると、画期的なプラグインです(※2)。

 

スパムコメントを避けるなら「Akismet」

最後に紹介したいのは、スパムコメント(迷惑な書き込み)を自動的にシャットダウンするプラグイン「Akismet」です。ワードプレスで作ったサイトには初期設定でコメントを自由に書き込める欄が設けられており、世界中からコメントが届きます。そのなかには、記事の内容と全く関係のない英語の広告だったり、言語の体裁をなしていない文字列だったりなど、多数のスパムコメントも含まれます。コメントはワードプレス管理者の承認がなければページに反映されることはありません。

ただ、何百、何千というスパムコメントの非承認作業をするのは労力がかかり、非生産的でもあります。そんなときに役立つAkismetは、スパムコメントを自動的に判別して捕獲、承認作業を経由せずにスパムのみをゴミ箱に入れることができるのです。

 

Webサイトをグローバル展開するには?

海外からのインバウンドビジネスを目的につくられたWebサイトなら、作成したホームページの言語は日本語だけでは物足りません。日本語サイトを他言語で表示させるプラグインもありますが、利用をおすすめしたいのは「WOVN(ウォーブン)」です。

WOVNの最大の強みは、切り替えた海外の言語でもSEO対策ができるという点です。サーバー側のコードを少し書き換えるだけで、ボタンの切り替えにより、サイトのページを指定した言語に翻訳した状態で表示してくれます(※3)。

ワードプレスがあれば簡単にホームページを作ることができ、プラグインを利用すれば自分で難しいコードを書かなくてもサイトの機能を拡張できます。さらに、WOVNを利用すれば海外SEO対策もばっちり対応できます。低コストで簡単にホームページを作ることができる時代に、SEO対策に優れたワードプレスでインバウンドビジネスサイトを作ってみませんか。

 

※1.【CROSS PIECE】「All in One SEO Pack」10分でできるSEOの設定方法 https://crosspiece.jp/howtoaiosp/
※2.【Net Business RECIPES】Google XML Sitemapsの導入と設定方法 http://links-creations.com/site-building/wordpress-plugin-google-xml-sitemaps/
※3.【TechCrunch】クローラー対応でインバウンド需要に手応え、サイト多言語化のWOVNが伸びてるらしい http://jp.techcrunch.com/2015/07/21/wovn-releases-a-new-library-named-wovn-plus-plus/

翻訳・多言語化の決定版
WOVN.io

最短5分であなたのウェブサイトを翻訳・多言語化対応!!