マーケティングとは何か?


マーケティングという言葉を知っていても、実際に何をするのか詳しく説明するのは難しいかもしれません。マーケティングにはさまざまな戦略や方法があります。どんなに優れた製品やサービスがあっても、マーケティングの仕方が悪ければ売るのは難しくなります。それほどマーケティングは企業の売上に深く関わっているのです。

ここでは、マーケティングの意味や手法を理解し、変化し続ける市場にどう対応すれば良いのか戦略を考えていきましょう。

 

マーケティングとは何か

市場がグローバル化するなかで、マーケティングはビジネス戦略には欠かせないものとなっています。大手企業では、専門のスタッフを配置し、さまざまな方法でマーケティングを行っています。これから、新たにビジネスを立ち上げようとしている人や、市場を拡大したいと考えている企業にとっては重要な課題です。

マーケティングの意味を簡単に言うと「モノが売れる仕組みをつくること」と言えます。自社が作った製品やサービスを顧客に知ってもらい、利用してもらうのです。そのためには、どんな人が製品やサービスを求めるのか調査する必要があります。その結果を踏まえ、利用してくれそうな人が目につきやすいように、広告や宣伝、パッケージなどを決めます。その過程がマーケティングであり、モノを売るために欠かせないステップです。マーケティングの方法は製品やサービス、市場によっても変わってきます。

 

いまさら聞けない?マーケティングの基礎知識について

マーケティングの基本的なステップは3つあります。市場調査、広告宣伝活動、効果の検証です。たとえば、1つの製品を製造から販売するまでの過程を考えていきましょう。

まずは、消費者がどんな製品を必要とするのか調査するところから始まります。マーケティングリサーチと言い、ターゲットとなるグループにアンケートを実施したり、さまざまなデータを分析したりして、どのような製品にすれば売れるのか調査をします。

ターゲットを絞り込んだら、次に製品を多くの人に知ってもらうために広告や宣伝を出します。広告宣伝活動にはいくつかの種類がありますが、主流となっているのがマスメディア、webサイト、SP広告の3つです。

最後に、マーケティング費用とそれによって増えた売上を算出し、どれほどの効果があったのか検証します。その結果、マーケティングの有効性を見極めて次につなげていくのです。

マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは、顧客の行動や思考を分析し、モノを売るための戦略を立てることです。また、顧客の分析だけでなく、ライバルとなる企業や自社製品の分析も欠かせません。

マーケティング戦略で、最も基本的な手法が「3C戦略」です。この手法では、顧客を意味するCustomer、競合を表すCompetition、自社を表すCompanyの3つのCを分析して戦略を立てます(※1)。

まずは市場や顧客のニーズを知るところから始めます。次に競合他社がどのように市場の変化や顧客のニーズに対応しているのか調査。最後に自社が市場の変化や顧客のニーズ、競合他社の動きに合わせて戦略を立てます。それにより、製造や広告の仕方、パッケージのデザインなどを考えていくのです。 そのほかにも、いくつかの分析方法があり、それにより戦略の立て方も変わってきます。マーケターには、さまざまな分析方法を学び、自社に合った戦略を立てることが求められます。

 

マーケティングの具体的な方法とは

消費者は、商品やサービスを買うときに、どのようにその製品を知り、どんな理由で購入を決めるのでしょうか。このプロセスはマーケティングに影響を受けているため、具体的なマーケティングの方法を理解しておくことが大切です。たとえば、街で見かけた看板や、電車内で目にする広告、コンビニで目を引くパッケージ、そのすべてがマーケティングです。 マーケティングにはデータ分析のほかに、広告宣伝という大事なプロセスがあります。

webサイトもそのひとつです。どこかに出かけたり、何かを買ったりするときに、事前にインターネットで調べることがあります。その際、企業はユーザーが興味のある内容や、関連する広告が表示されるように努力しているのです。コンテンツマーケティングもマーケティングの方法として注目を集めています。顧客が自ら検索したキーワードから、自社の製品を知ってもらう仕組みを作る方法です。このように、マーケティングにはさまざまな方法があり、商品やサービスを売るための仕組みが作られています。

 

訪日外国人に対するマーケティングには多言語対応サイト?

マーケティングは、日本人に向けて行われているものだけではありません。ここ何年かで急増した訪日外国人も大切な顧客です。今後も拡大すると見込まれる訪日外国人の市場は、企業にとって売上を伸ばすチャンスと見られています。

訪日外国人を取り込むマーケティングには、多言語対応サイトが必要です。多くの訪日外国人がサイトやSNSの情報を見て、サービスの利用や商品の購入を決めているといわれています(※2)。そのため、対応が急務となっているのです。 マーケティングにはさまざまな手法があり、戦略があります。今後は、訪日外国人の市場も含め、マーケティングの重要性が増すと考えられています。マーケティングについて正しく学び、売上につなげていきましょう。

 

※1.【Kairos Marketing】3C分析の概要と3C分析のやり方 https://blog.kairosmarketing.net/marketing-strategy/3c-analysis/ ※2.【WEB促販の窓口】そろそろ多言語対応しませんか? http://hansoku.nifty.com/lp/multilingual/

翻訳・多言語化の決定版
WOVN.io

最短5分であなたのウェブサイトを翻訳・多言語化対応!!