無料で使えるマーケティングツール3選!


自社サイトを多くのユーザーに見てもらい、より効果的に売り上げアップを図るためにはマーケティングが欠かせません。web上でのユーザーの動きを調べるマーケティングツールはさまざまなものがありますが、次々に導入した結果、結局使いこなすことができなかったということになったり、結果が出ているのか分からなかったりということになりがちです。そのような事態を避けるため、無料で使用できるうえにWOVNサイトで有効に使うことができるおすすめのマーケティングツールを厳選してご紹介します。

 

マーケティングツールとは

マーケティングツールとは、販売促進につなげるためにweb上の利用者の動きをチェックしたり、利用者をリードして購入を促進させたりするような働きをするツールです。webサイトに広告を打ち出して知名度を高めたり、顧客にメールを配信することで新商品やキャンペーンを告知したりといった方法を補助するほか、サイトを訪問したユーザーの離脱率を抑えたりコンバージョンアップにつながる補助をするツールを指します。

たとえば、急に自社サイトのアクセス数がアップしたときに、マーケティングツールを使えばどのような流入経路をたどってきたのか、どのような検索ワードがヒットしているのかを簡単に調べることができます。また、ユーザー同士がコミュニケーションを取り、商品について自由に感想を話し合うチャットを作るマーケティングツールを使えば、ユーザーのリアルな声を集めることができます。

自社サイトのSEO情報を調べるマーケティングツールを使えば、より効果的なSEO対策を打ち出すこともできます。これらのツールは有料のものもあれば無料で使えるものもあります。無料のツールでも性能の高いものやファンが多いものもありますので、自社にとって必要なツールを賢く選んで導入していくことをおすすめします。

無料のおすすめマーケティングツールGoogleAnalyticsとは

無料のマーケティングツールとしてもっとも有名なのはGoogleAnalyticsだと言っても良いでしょう。Googleが提供するマーケティングツールで、サイトを訪問したユーザーの動きを細かくチェックすることが可能です。

サイト上のどのページに多くのユーザーが訪れているのか、どのくらいの時間滞在しているか、すぐに離脱するユーザーが多いページはどこなのかといった情報のほか、ECサイトの場合はコンバージョンに関するユーザーの動向をチェックできます。クロスモバイルのユーザーにIDを付けて同一ユーザーとし、モバイルから購入するのか、PCから購入するのか、それともモバイルから商品をチェックした後でPCから購入するのかといったような、ユーザーの動きの流れを詳細に調べることが可能です。

さらにGoogleAdWordsと連携して広告の解析をすることができるため、どの広告からユーザーが流入してくるのか、どのようなデジタルチャンネルに掲載された広告が有効なのかを調べることが可能です。このように、よりマーケティング効果の高い広告戦略を練ることが可能になるのがGoogleAnalyticsのメリットです(※1)。

 

無料のおすすめマーケティングツールHubSpotとは

HubSpotは、インバウンドマーケティングに特化したマーケティングツールです。知りたいことがある人は、自分で検索サイトを使って調べたうえでサイトを訪問することが一般的になってきました。そんな流れから広告を出稿することによるマスマーケティングの時代は終わり、これからはユーザーそれぞれの自主的な動きが主体となるインバウンドマーケティングが主流になるという考え方のもと作られたツールがHubSpotです。

HubSpotはCMSと呼ばれるコンテンツ管理システムによってキーワードの流入、リード化、被リンクの情報管理などのSEO対策ができるほか、メタタグの設定の手順ガイドといったSEOを総合的にサポートする機能があります。また、CMSにはコンテンツ編集や投稿、パフォーマンスの分析が集約されているため利用者が使いやすいというメリットがあります。

さらにソーシャルメディアへ投稿の流入・コンバージョンのチェックや評価、見込み客の情報の分析、プロファイル化も可能です。HubSpotではインバウンドマーケティングの活路として、検索のほかソーシャルメディアが重要になるという考えのもとツールが構成されています。ソーシャルメディアは複数ありますが、それぞれが分断されていて横のつながりがなく、ソーシャルメディアを効果的にマーケティングに使うことが難しく複雑であると考えられてきました。しかし、HubSpotを使えばそれらを1カ所でコントロールすることができます。ただし、HubSpotは30日間だけは無料で、それ以降は月200USドル~2,400USドルの費用がかかり、さらにオプション費用が必要です(※2)。

 

無料のおすすめマーケティングツールKAIZEN Platformとは

KAIZEN Platformは、サイトのA/Bテストソリューションで、改善したいサイトに対して、世界中のグロスハッカーから改善案をもらうというマーケティングツールです。PC向け、モバイル向けを問わずデザインを改善することでKPIを上げることを目的としています。

たとえば、ボタンの色や大きさ、位置などのほか、メッセージの文言が適当なのかなどをチェックしていきます。KAIZEN Platformは2案~10案を同時にチェックすることができ、ダッシュボードで評価の推移をチェックしながら改善を続けていくことが可能です。その結果、サイトを訪問した人の離脱率を下げ、コンバージョンに結びつく可能性が高くなります。デザインそのものの改善なので、WOVNサイトを運営する場合はぜひ導入したいツールです。

サイトに何らかの問題があるのは分かっているけれどどう修復したらよいのか分からないという場合や、分析する手間や体制が整っていないという場合、またサイトをオープン・リニューアルしたのにコンバージョンにつながらないという場合に有効です。KAIZEN Platformは2組織まで無料で使用することができます(※3)。

 

マーケティングツールとWOVNを併用し、インバウンド対応サイトを作成しよう!

WOVNを導入するのであれば、マーケティングツールを使用してインバウンドマーケティングに注力していくことが必要です。日本人と訪日外国人における購入動機には違いが見られるため、訪日外国人を意識した視点でのサイト作成がインバウンド需要に応えられ、売上と利益につながりやすくなるのです。

そのためには、GoogleAnalyticsによってユーザーの動向を広く把握し、クロスモバイルのユーザーの特定を行うほか、HubSpotを使ってインバウンドマーケティングに強くなるためのCMSやソーシャルメディア運用を行うと良いでしょう。また、KAIZEN Platformは世界中のグロスハッカーがサイトをチェックしてくれますので、WOVNを運用する際にはぜひ導入して活用したいツールです。

一部、一定期間後は無料になりますが、どのツールも無料で使用することが可能です。インバウンドマーケティングに強いサイトを構築し、より効果的なマーケティングを行って売り上げを伸ばしていきましょう。

 

※1.【GoogleAnalytics】重要な情報を詳しく分析 https://www.google.com/intl/ja_JP/analytics/features/index.html
※2.【ハイベロシティ】日本にも上陸。インバウンドマーケティングとHubSpotとは何か? https://www.hivelocity.co.jp/blog/1224/
※3.【TC】Kaizen PlatformがシリーズBで9.5億円を調達、「経営のオープンソース化」を海外にも http://jp.techcrunch.com/2016/02/01/kaizen-platform/

翻訳・多言語化の決定版
WOVN.io

最短5分であなたのウェブサイトを翻訳・多言語化対応!!