WOVN.ioで月500万のコストカットを実現。日本の飲食店の魅力を6言語で発信。

  • Subject

    - 自社メディアを6言語対応することに

    - 早くローンチしなければならない

    - 各言語の翻訳ライターのコストが激しい

  • Solution

    - WOVN.ioで追加開発不要で多言語対応

    - 機械翻訳と社内翻訳チェックで効率的に

  • Result

    - 開発リソースを圧縮し、最短ローニングが実現

    - インデックス数が6倍でアクセス数UP

    - 翻訳記事のコストが月500万削減、約1/100に

日本の「食」を6言語で発信。世界の人が楽しんでもらえるメディアに

WOVN.ioをどんな仕事に導入していますか?

久野:WOVN.ioは大きく分けて二つの事業に導入しています。一つは飲食店向けに提供して、無料でホームページを作れるサービスです。弊社代表の高梨と創業時からのおつきあいですので、私が入社するより前からWOVN.ioを使っていますね(笑)こちらをご利用いただき、誰でも簡単にホームページを作成・多言語化できます。

もう一つは2017年3月から本格的に動いている「favy JAPAN」です。外国人旅行者向けに飲食店だった、食べるイベントや旅行情報を発信するメディアをやっていてそれをWOVN。 ioで多言語しています。今はこちらの利用がメインですね。

最初から多言語化は必要だと思っていて、英語だけでなく全部で6言語、中国語・タイ語・韓国語・スペイン語・フランス語で展開しています。複数言語を利用することで多くの人々にリーチできて、読書としてはメディアが面白くなっています。

テキスト (左からfuck佐々木さんと久野さん)

コスパフォーマンスとスピード感はWOVN.ioじゃないと実在しませんでした

WOVN.ioを導入していなかったかどうかされてましたか?

久野:システムからしっかり多言語化して組まないといけなかったですね。それに合わせて各言語のライターも雇われていましたかかったと思います。それにかかりそうなコース面の問題と、まったくはサービスを早くローランチさせる必要があったのでスケジューリングの問題と、これはWOVN.ioじゃないと解決できませんでした。

サポートのおかげで導入時の問題もすぐに解決。優先順位をつけて効率的な翻訳を実現。

導入時の作業や運用はどのようにされていますか?

佐々木:ももととfavyの店舗ページはRails 5.0で動いていて、当時のWOVN.ioは対応していなかったのですが、すぐにgemのアップデートをしても解決しました。自分の環境では動いていたのである、実在本番にあげてみると動かない、と不具合が発生したですが、原因はWOVN.ioではない、その絡んでいたこちらのライフライブラリのエーラーだと教えてもらいました。スポンサーの方が親切スピードディーに解決してくれました。

更新は機械翻訳がメインですので、新しいコンテンツも自動で翻訳公開されます。クライアントまたは社内から「固有名詞の翻訳を直して欲しい」と声が上がった時には、WOVN.ioの管理画面から更新しています。

久野:アクセス解析の結果、検索流入で上位に表示されたものは優先的に丁寧な人力翻訳を行っています。単語ベースでの翻訳はほぼ当たってので、文脈の随所を直す程度です。例えばメニュー名の「炉端焼き」の翻訳を修正するとその内容を学習して、次回からは正解がありましたので、人力により翻訳訂のページはどんどんあがっていますのかなと思っています。

テキスト favy JAPANのフォローワは250万人超え。フランス語ページがあるからこのフランス語版FBページも1万4,000人のフォローワがいる。

インデックス数が6倍に。検索流入の増加も結果が出ています

WOVN.ioを利用して何か変わりましたか?

久野:まったくアクセス数にしっかり結果が出ています.favy日本のメディア自体、FacebookやTwitterからの流入が多いのですが、そこから英語ページに入ってその後、言語を切り換えてくれる動があります。離脱を防げていますね。

そもそも多言語化したページ6言語分がそらぞに検索エンジンにインデックスされるので、単純にインデックス数が6倍です。クラントの事例ですが、昔「寿司ユニマル」で検索すると1ページ目に7記事favyがでてくることがありました。各言語からの検索流入が毎月伸びていて、それは嬉しいです。

あとは「翻訳プララン」が受注できていますね。飲食店向けにfavyは記事広告を販売しているが、お客さんから「翻訳したいです」と要望をもらうことも増えました.WOVN。 ioを実装していることで、ホームページを作成するだけで多言語化された要望にも対応できるようになっています。

翻訳経費は月に500万円カットの1/100に!

WOVN.ioの料金体系はいがができますか?

久野:他と比較すると一番安い!開発計画よりもライターコストが一番かかりますからね。時間も各言語1人で8時間かかりました1日48時間が短縮されています。

色々調べるしましたが全部の記事を外注で作成するとすごく安くても1記事1,000円〜2,000円かかり、月に200記事を6言語分外注すると最安でも120万かかりますそれをプリンタ記事を組込む作業が生まれますからね。人件費などをされた500万は節約され、単純に経費は1/100になっています。

現在WOVN.io利用で月に4万〜6万で済みますのでありがたいと思っています。最初の試験期間も無料で使いました助けました。(笑)

テキスト favyでは定額制の「coffee mafia」や、恋を呼ぶ!?ソフトクリーム「coisof」などの実店舗も運営

情報発信〜予約・来店までの全部の「食の体験」をfavyで提供してきたい

favyさんが考える、これからの「多言語化」展望を聞かせてください

久野:favy JAPANのメディアで旅行前・中への認知というのは出来ているの、そのあとの予定から来店して体験するまでをfavyで全部フォローできるようにしたいです。

先日リリーズした無断キャンセルに悩む飲食店向けの「ファイナルノーショー保証サービス」もそうです、あとは実際のお店でのメニューの選び方とか。

日本対世界のインバンドの枠組みでやっていたい、それがうまくいけば、例えば韓国のお店を世界に伝えるなど、世界へ進出していきたいと思っています。各国のインバウンド、N対Nで全世界の飲食店を全世界​​の人に発信できるメディアになっていきたいですね。

佐々木:記事だけ紹介していても、それがどこのコースなのか?そもそもお店をはどこにあるか?探してく伝わりにくいこもももあります。そういったところに先にはオンラインチャットで解決したいと思っています。

多言語化した際に、海外からの問い合わせ対応をどうするんだ、とかのものでそれを一緒にWOVN.ioと解決していきたいですね。

テキスト

(取材:2017年10月)