多言語webサイトの作り方


グローバル化が進み、商品やサービスの提供も国境を越えマーケットを拡大するためには、世界を視野に入れることがもはや当たり前となっています。また、日本国内だけの展開の場合も、日本に来る外国人をターゲットにする経営者も増えています。
そんな中、欠かせないのがwebサイトの多言語化です。かつてはハードルが高いと思われていましたが、今では容易に実現できるツールも増えています。

ここでは、多言語webサイトの作り方や作成上の注意点などについてご紹介します。

 

多言語webサイト構築時の注意点

多言語webサイトを構築するための注意点としては、まず、主言語である日本語でサイトを作成してから第二言語のサイトを作成することです。

コンテンツが多いサイトは、主言語と第二言語のサイトを別々に作成し、それぞれのサイトをリンクさせます。そして、切り替えボタンを追加して完成です。
コンテンツが少ないサイトは、第二言語のサイトは縦長のシングルページで作成するのがおすすめです。その際、ページ内で必要な情報を見つけられやすくするためにアンカーメニューを掲載しましょう。メインメニューに、作成したシングルページのリンクを貼って完成です。

多言語サイトを容易に作成できるさまざまなツールがあります。例えばあるホームページ作成ツールでは、アプリを使って主言語のページを複製して多言語サイトを作成できます。複製後に各ページを翻訳してサイトを作成していきます。

翻訳については、すべてのコンテンツを必ずしも翻訳する必要はありません。コストを抑えるためにも、その言語のマーケットに本当に必要なコンテンツに絞って翻訳しましよう。

また、SEO対策として、日本語を単に直訳するだけでなく、その言語を使っている人が検索の上で実際に使用するキーワードを調べ、サイトのタイトルや小見出し、画像のAltテキストなどに有効なキーワードを盛り込む必要があります。

多言語切り替えボタンの設置位置を工夫しよう!

多言語の切り替えボタンは、できるだけすぐ目につく位置に設置しましょう。
例えば、メインメニュー内やタイトルの直下など、誰でも必ず見るような位置がおすすめです。ページの一番下に言語オプションのリンクを設置しているサイトがありますが、訪問者に対してあまり親切とはいえないでしょう。

また、言語切り替えボタンはトップページだけでなく、すべてのページに表示すると、より使いやすいでしょう。訪問者がどのページを見ていても自分に合った言語に切り替えることができますし、検索結果からトップページ以外を最初に訪問した場合にも使うことができます。

 

各言語毎に個別のURLを設定しよう!

多言語サイトでは、各言語のページごとに個別URLを割り当てる必要があります。同じURLのままで言語だけ切り替わる形だと、1つの言語しか検索エンジンが認識しません。
例えば、jp(日本)、fr(フランス)といったccTLD(国や地域ごとに割り当てられたトップレベルドメイン)を使用し、それぞれの言語の地域に特化した構造のURLを設定しましょう。それにより、そのサイトが特定の国をターゲットにしていることを検索エンジンに示すことができます。

また、SEOの観点からみると、1つのページの中には1言語のみを使用することも重要です。ページの中のテキスト、タイトル、画像のファイル名、説明文、キーワードなどに複数の言語を使用しないようにしましょう。

それから、国ごとにそれぞれURLを設定し、同じ内容のページを作る場合、すべての国のページが異なる言語であれば問題ありませんが、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど英語を使う国が複数ある場合は、似たような内容のページが多数できてしまいます。重複したコンテンツを含むページが多数ある場合、検索エンジンの評価が下がる可能性があるので、ページの評価を1つに統一するタグの設定が必要です。

検索エンジンのガイドラインに多言語サイトのSEO対策について掲載されていますのでチェックしてみましょう。

 

国旗アイコンではなく、言語別アイコンを設定しよう!

言語の選択メニューで国旗のアイコンを使っているサイトが時々ありますが、国旗はあくまでも国を表すものであり、言語とは同じものではありません。

日本の場合は公用語が日本語だけなので問題ありませんが、カナダの場合は英語とフランス語が公用語となっています。カナダ以外にも公用語が複数ある国は数多くあります。また、英語はアメリカやオーストラリア、イギリスなど多くの国で使われています。以上のような理由から言語の設定には、国旗アイコンではなく、言語別アイコンを設置するのがベストです。

それから、言語名を表示する時には、各言語の言葉で表示するほうが、その言語を使っている人が見つけやすくなります。
例えば、日本語がメインのサイトにおいて、日本語で「英語」と表示するよりも、英語で「English」と表示したほうが分かりやすいでしょう。国旗を使用する際は、マーケットの対象となる国や地域を表現する記号として扱った方が無難です。

 

まとめ

多言語サイトを作成する際には、多言語切り替えボタンの設置位置の工夫や、言語ごとの個別URLの設定、言語別アイコンの設置など、それぞれの言語の訪問者の利便性と、それぞれの言語でのSEO対策をしっかりと踏まえて設計することが重要です。

また、翻訳は前述のようにポイントを絞って行うとしても、それぞれの国の市場の内容を反映させることも大切です。
言語だけでなく、デザインやカラーなど含めて世界中の人たちから見ても魅力のあるwebサイトをつくっていきましょう。

 

翻訳・多言語化の決定版
WOVN.io

最短5分であなたのウェブサイトを翻訳・多言語化対応!!