ホームページ(webサイト)を多言語化する際の重要なポイントとは


web媒体の多言語化は海外進出を目指す企業だけでなく、海外向けのサービスを展開する国内企業にとっても非常に重要なものです。オリンピックに向けて海外からの観光客は増加傾向にあり、それ以降も日本国内を訪れる外国人の数は増えていくだろうと予測されています。具体的には、国内でインバウンド事業などを展開する会社はより多言語対応の重要性が今後増していくはずです。

ここでは今まで国内向けの日本語で作られたホームページのみだった会社が初めて多言語対応を導入することを前提に、構築のポイントや工夫の仕方を見ていくことにしましょう。

 

多言語化ホームページの始め方

これから多言語対応のwebサイトを構築していこうと考えている場合には、当然ですが、まずは国内向けコンテンツがしっかりと充実しているかどうかを考えなければなりません。国内向けのコンテンツが充実していない状態で多言語化を考えたとしても、情報量の不足や内容のチープさが目立つだけですので今一度ホームページ全体の見直しを行いましょう。
コンテンツに問題がなければ、初めは多言語ということは考えずに英語版のサイト構築のみを考えます。理由は簡単で英語が世界共通語だからです。
はじめからあらゆる言語に対応するコンテンツを作ろうと考えると膨大な作業量と時間が必要になります。すべてを並行して走らせた場合、完成までどの言語でも公開もできない状態になってしまいますので、まずはもっとも汎用性の高い英語版を作ることが先決です。

また、初めのうちは小規模投資での始め方を考えるようにしましょう。もちろん豊富な資金があれば初めから大きく始めてもいいですが、効果の見えないうちから大きな投資をするのは気が引けるのも事実です。
多言語化において大きな費用がかかるのは言語の翻訳とデザインです。翻訳の部分に関しては、すべてをプロやネイティブに任せてしまうと多額の費用がかかってしまいます。しかし、今流行りのアウトソーシングという仕組みを利用すればある程度のクオリティのものがかなりの低価格で仕上がってきます。
事業にとって重要な部分だけをネイティブやプロに任せ、他はアウトソーシングなどを利用して安く済ませるとスモールスタートが切れておすすめです。デザインに関しても重視する人は多いですが、それよりも中身(情報)の方が大切です。そのため、初めからデザインにお金をかけすぎないことも大切なポイントになってきます。

 

 

知ってお得!多言語化webサイト作成時のコツ

多言語対応のホームページを構築する際に大前提として押さえておきたいことは、多言語化をただの翻訳だと思わないことです。
日本語で書かれたコンテンツをそのまま直訳すれば多言語化できると思っていては、いつまで経っても海外のお客さんに満足してもらえるようなサイト作りはできないでしょう。
多言語化をする際には、ただの翻訳では通用しないホームページならではの壁が多数あります。その中でももっとも重要なのが言語の違いによって文字数が大幅に変化するため、ページの外観が変わってきてしまうということです。例えば英語と日本語を比較すると、同じ文章を書いたページだとしても文字数は圧倒的に英語の方が多くなるといわれています。
このため、日本語で書かれたページが綺麗に見えていたとしても、英語に翻訳したページが綺麗に整うとは限らないのです。言語を変えてもページ全体としてまとまりを持たせるためには、その言語で書かれたページ特有のページデザインを再考するしかありません。大変な作業ではありますが、見やすいページを作るためには大切なことです。

また、アクセス地域の解析によって自動でその地域に合った言語ページを開かせるというシステムはできるだけ避けるようにした方がいいでしょう。なぜならその地域からアクセスした人の母国語が必ずしもその地域のものであるとは限らないからです。それよりも一見アナログに映る「ユーザー自らが言語を選択してページにアクセスする」という方式を取ったほうが格段にユーザービリティの向上につながります。

このようなコツを押さえて多言語化を着実に進めていきましょう。

多言語webサイト作成時の一工夫とは

さらにもう一歩踏み込んだ多言語対応のホームページを作るために工夫できることを紹介します。
インターネット上にある多言語対応サイトを見てみると、言語選択をするメニューにアイコンやイメージ画像を設けているサイトが多数見られます。例えば、英語の項目に対してはアメリカ国旗、日本語の項目に対しては日の丸などです。このように、国旗のアイコンを使う場合には注意が必要で、ユーザーそれぞれイメージしているものが違うということも考慮に入れておきましょう。
特に英語の場合は顕著ですが、英語=アメリカというのはサイト作成を行った人のイメージでしかない可能性があります。英語を使う国はアメリカ以外にも多数ありますので、そのような国の人からすると悪い印象を抱かれかねません。そのため、なるべく言語選択の場面で国旗や国のイメージ画像を使うことは避けたほうがいいでしょう。

また、多言語化をより充実させていくためには、アクセス解析の結果も重要なデータとして使えます。アクセス解析ではアクセス元の地域や国も見ることができますが、このデータで統計的にアクセスの多い国や地域から優先的に言語対応のページを作るようにすると効率がいいでしょう。このほかにも、パーマリンクを分かりやすく記述して、語尾のURLに国名を入れるだけで対象の言語ページに飛ぶような仕組みも構築することも、細かいことですが利便性の観点からは重要です。

まとめ

ここまで見てきたように、Web媒体の多言語化をするためには考えなくてはならないことがたくさんあります。想像以上に大変だと思った人も多いのではないでしょうか。
しかし、Web媒体の多言語化はそれだけの労力を使ったとしても、今後の需要を考えれば構築しておきたいものです。特に海外の顧客をターゲットに事業を展開している企業の場合には、早急に対応を検討したいところです。

利便性を追求したサイト設計やシステム構築には時間が掛かるものですので、なるべく早めに企画をスタートさせることが望ましいでしょう。これから多言語対応のホームページを構築する場合には、是非ここで紹介した内容を参考にして多くの人から喜ばれるサイト作成を行ってください。

翻訳・多言語化の決定版
WOVN.io

最短5分であなたのウェブサイトを翻訳・多言語化対応!!