WEBサイトの多言語化で、世界中にミキハウスのファンを。

  • Subject

    - 時間と費用をかけずにwebサイトを多言語化したい

    - 多言語化されたwebサイトはSEO対策を実施したい

  • Solution

    - WOVN.ioな基本的なSEO対策が可能

    - オフラインでもパンフレットのように使われるケースが登場

  • Result

    - WOVN.ioをパッケージで導入して低コストで多言語化

海外のお客様もミキハウスのファンになっていただけるようにwebを多言語化

Q. 三起商行さんについて教えてください。オンラインでの販売やwebに力を入れ始めたのはいつごろですか?

三起商行はミキハウスをグループ企業にもつ、子供服メーカーです。CMやロゴのイメージなのか、よく海外の会社と勘違いされますが、れっきとした大阪の企業です(笑)。

ミキハウスの商品は百貨店などのリアル店舗では目にしていただいた方もいると思いますが、自社ECと楽天でも子供服を販売しております。自社ECは2017年にリニューアルして我々が担当しています。

今まではカタログ販売はあったのですが、オンライン販売は社内でもあまりフィーチャーされていませんでした。ところが時代的に無視できなくなってきましたので、2016年ころから本格的に力を入れ始めました、という状況です。

Q. 今回WOVN.ioを使って自社ECを多言語していただきましたが、そもそもwebを多言語化しようとした理由を教えてください。

ミキハウスは国内はもちろん、中国、台湾、韓国、タイ、インドネシアを中心として海外でも子供服を販売しています。中国だけでも店舗は20店舗ほど出店しています。

テキスト

また最近は、一時期爆買いと称された訪日観光客による購買も落ち着いてきました。しかしミキハウスの商品自体には興味を持っていただいていたんですね。なのでミキハウスを身近に感じていただいたり、サイトのユーザビリティを上げたりしなくてはいけない、と考えていました。

これらの事情があったので、海外のお客様にオンラインでもミキハウスの商品を見ていただくようにする、つまりwebサイトを多言語するというのは自然な流れだったんです。

多言語化されたwebサイトがパンフレットになって店舗で活躍

Q. 多言語のサービスはいくつかあると思いますが、その中からWOVN.ioを選んでいただいた決め手を教えてください。

まずスクラッチでゼロから翻訳ツールを開発することを検討しました。しかし時間も費用も膨大にかかってしまいますし、あとから融通が効きにくそうだったので、あまり現実的ではありませんでした。われわれはシステム開発が本業ではありませんから、そこに時間が取られてしまうことも問題でした。

なのであまり融通が効くわけではないのですが、Google翻訳なら無料だしこれにしようかと考えていたのですが、そんなときにWOVN.ioを知ったのです。聞けば簡単に導入できるので時間はかからないし、多言語でSEO対策もできるとのことで興味をもちました。

WOVN.ioで多言語化されたミキハウスの自社EC。日本語、英語、簡体語、繁体語に対応

WOVN.ioで多言語化されたミキハウスの自社EC。日本語、英語、簡体語、繁体語に対応。

SEO対策はかなり重要で、たとえば現地の言葉で「子供服」と検索しているお客様には当然ミキハウスを検索結果に出したいわけです。これは別途SEO対策をする予定だったのですが、WOVN.ioは追加設定なしで対応できるといいます。われわれのSEO対策のコストも軽減できるので、これは嬉しかったですね。

Q. 実際導入していただいて効果はどうでしょうか。

導入してすぐに効果が出るものではないと思うので、現時点ではまだ直接的なインパクトは狙っていません。

ただ意外だったのですが、オンラインだけでなくオフラインでも効果が出てきました。というのも、国内の店舗にいらっしゃった外国人の方が、スマホでWOVN.ioで多言語化されたwebサイトを観ながら買い物をしてくださっているのです。つまり外国語のパンフレットのような感覚で使ってくれているんですね。店舗メンバーは必ずしも外国語が堪能な者ばかりではないので、助かっています。

Q. 今後の展開とWOVN.ioに要望があれば教えてください。

今後は越境ECに取り組んでいく予定ですので、そこもWOVN.ioによるECの多言語化が起点となりますね。

テキスト

要望としては、たとえば国内だったら関連キーワードをもとにリスティング広告を実施しているのですが、それを海外の検索エンジンでも実施できるようになれば嬉しいですね。

いまいまでは対応できないのですが、WOVN.io内でデジタルマーケティング施策を実施できるように、開発を進めています。またご相談させてください。本日はありがとうございました!

(取材:2018年5月)