「カラオケの鉄人」をWOVN.ioで多言語化。カラオケが外国語で楽しめるかも!?

  • Subject

    - 日本の文化であるカラオケを体験したいインバウンド観光客は多いものの、店舗ページが日本語しかなかった。

  • Solution

    - WOVN.ioで各店舗ページを多言語化。お客様が店舗を探す際に困らないように。

  • Result

    - 効果発現には時間がかかるものの、外国人のお客様割合は増えており、じわじわと効果はでると考えている。

カラオケにくるインバウンドのお客さまのために、WOVN.ioで多言語化を実施

株式会社鉄人化計画について教えてください

鉄人化計画はカラオケルーム「カラオケの鉄人」を運営している会社です。2018年7月時点で東京や神奈川を中心に50以上の店舗があります。

カラオケの鉄人の特徴は、独自に開発した集中管理システム「鉄人システム」です。一般的なカラオケルームにあるカラオケ機はカラオケルームのものではなく、機械開発メーカーのものなんです。なのでデータはすべてメーカーが持っているケースが多いんですね。

しかし鉄人化計画は「鉄人システム」を独自開発。複数機種のカラオケと各ルーム、フロントのPOSシステムを一括管理することで、お客様の選曲や注文を把握しているのです。お客様情報をデータ化し、データマイニングすることで、さまざまなサービスにも活用しています。

経営陣が替わったこともあって、現在はデジタルに投資。われわれのような空間ビジネスを主体としている会社が、デジタルシステムに投資をしている企業は少ないように感じています。われわれはデジタルに投資し、かつカラオケという空間をもっていることを活かして、新しい形のカラオケをつくろうとしているのです。

独自システムを作ってデータを活かして運営しているのですね。WOVN.ioをいれていただいた目的を教えていただけますか。

現在「カラオケの鉄人」の各店舗案内のページにWOVN.ioを導入しています。

テキスト

「カラオケの鉄人」の店舗ページ。右下のWOVN.ioのウィジェットから4言語が選択できる。

導入の目的は主に「インバウンド観光客」のおもてなしです。カラオケは日本独自の文化で、日本に旅行に来た外国人の方が立ち寄ってくださるのです。ただ前から、店舗ページを訪れても日本語だけでなかなか情報をお伝えしにくいという課題がありました。そこで「WOVN.io PRIME」を導入し、日本語の他に「英語」「簡体語」「韓国語」の4言語で情報提供できるようにしたのです。

またカラオケの鉄人は日本語でのSEOが強いのです。「(地名)+カラオケ」などと検索したらかなり上位表示されます。WOVN.ioを使えば外国語でのSEOもできるとのことで、日本語に加えて外国語でもSEOを強くしたい思っています。

ちなみにインバウンド対策という意味では多言語化以外にも、Wi-Fiも近日中にほとんどの店舗で使えるようになりますし、カラオケルームでスマホの充電ができるようなっています。歌詞の表示にルビをふる、というのもインバウンド対策の一環ですね。

WOVN.ioの導入サポートや使い心地はいかがですか?

導入当初こそCS(カスタマーサクセス)の方に丁寧にサポートいただいたのですが、いかんせんデザインが洗練されていて次に何をすればいいのかわかるんです。なので導入以降とくに困ったことはありません(笑)。

テキスト

ただ多言語化されたとき、どの言語でなんのページがどのくらいみられたかがわかると嬉しいのですが、そういうことはできますか?

WAP(Wovn Analytics Platform)という弊社独自のアナリティクスデータもご要望に応じてご提供しています。リクエストやフィードバックが多いところから機能開発も行っておりますので、ご要望があればぜひご連絡ください。

リモコンも多言語化して、外国人の方がよりカラオケを楽しめるように

WOVN.ioによる多言語化や翻訳はどのように運用しているのですか?

基本的には自動翻訳だけです。ただ固有名詞だけはどうしても自動翻訳では間違いが出てしまいやすいんです。とくに店舗名がわからないとそもそもお店につけないといったようにお客様にご不便をおかけしてしまいますので、店舗名は手動で修正。英語と中国語は翻訳できる従業員がいるので社内で対応し、韓国語だけは外部に翻訳を依頼しています。

またWOVN.ioを使えばたとえば日本語のときは日本語の画像を、簡体語のときは簡体語の画像を出せることは知っているのですが、そもそも複数言語で同じ画像を作るのは時間と手間がかかってしまう。なので現在は逆に、画像内にテキストをなるべく入れないようにして、画像差し替えの手間を減らすようにしています。

翻訳を社外に頼む企業は多く、Wovn Technologiesにもよく相談をいただきます。それもあって最近翻訳チームを組成しました。人力翻訳でご用命の際はぜひお声かけください。

テキスト

WOVN.ioがなかったらどのように多言語化をしていましたか?

最近WEBをリニューアルしたときにあわせてWOVN.ioを導入したのですが、その前にも実は英語のページだけはあったのです。ただ当時は翻訳できるメンバーがいなかったのもあって、本当に最低限のものでした。なのでWOVN.ioを導入していなければ、英語ページを簡単につくるくらいで、それ以上のことはやっていなかったと思います。

今後多言語化の範囲を広げてい予定はありますか?

じつは多言語化の余地はたくさんあるのです。決済まわりはもちろん、カラオケのリモコンも多言語化しなくてはいけません。お客様のスマホのブラウザからログインして選曲できるようになれば、WOVN.ioを使って多言語化することも可能じゃないかと画策しているところです。オリンピックイヤーまでに対応しないといけないですね。

鉄人化計画様、ありがとうございました!

(取材:2017年07月)

More Featured Case Studies

Read why these companies are using WOVN.io

    MORE